FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風疹 予防接種について

前の記事にもあったように風疹が大流行しています。
各自治体で風疹の助成を行っているようなので、ゆり薬局グループがある葛飾区と江戸川区の情報を載せたいと思います。
詳しい内容、提携医療機関について知りたい方はそれぞれの区のホームページをご覧ください。

江戸川区

19歳以上の区民に 風しん予防接種を実施(緊急対策)


 都内において、成人男性を中心とした風しんの流行が継続している状況に対し、緊急対策として「先天性風しん症候群発生防止」を目的に、平成25年3月21日(木曜日)からMR(麻しん・風しん混合)ワクチンの任意接種助成を行います。
 先天性風しん症候群とは、妊婦が妊娠初期に風しんに感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴等を胎児に引き起こす先天性疾患です。

対象
19歳以上の方で、風しんに罹患したことがなく、風しんの予防接種を受けたことのない方で以下の(1)(2)に該当する方
(1)妊娠を予定又は希望している女性 (接種期限:平成26年3月31日まで)
(2)妊娠している女性の夫 (接種期限:平成25年9月30日まで)
接種票の発行
(1)の方は身分証、(2)の方は子の母子健康手帳、身分証を持参し、お近くの健康サポートセンターまでお越しください。
(必ず接種前に、接種票の交付を受けてください)
接種場所
江戸川区指定医療機関
費用
葛飾区

風しんの流行が継続しています。
風しんは、免疫のない女性が妊娠中に感染すると、胎児が先天性風しん症候群となるおそれがあります。風しんの予防には予防接種が効果的です。葛飾区では、麻しん・風しん予防接種費用の一部補助を実施します。

(注意)医療機関によっては予防接種を行う時間が決まっている場合や、風しん単独のワクチンの用意がなく、MR(麻しん風しん混合ワクチン)のみ接種可能の場合がありますので、事前に直接医療機関へお問い合わせのうえお出かけください。

補助額
いずれか1回
麻しん・風しん混合ワクチン(MR)  5,000円

風しん単抗原ワクチン         3,000円

対象
接種日現在19歳から49歳以下の区民

原則として、いままで風しんにり患したことがなく、風しんの予防接種を受けたことがない者
(注1 妊娠している方は、受けることができません。ご注意ください。)
補助期間
平成25年3月21日から平成26年3月31日まで
 (ただし、平成25年3月14日から平成25年3月20日までにすでに接種を済ませている方については、接種費用の一部(補助額上限)をお返します。下記の請求方法をご覧ください。)

補助の方法
・医療機関に置いている区の接種票に記入し、接種をしてください。
・各医療機関が定める予防接種料金から補助額5,000円(風しんワクチンの場合は3,000円)を差し引いた金額を各医療機関の窓口でお支払いください。
接種場所
下記の予防接種実施医療機関一覧のMR4期を実施している医療機関に接種出来るか確認してください。           接種される場合は、現住所・年齢の確認できるもの(免許証・保険証など)をご持参ください。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。