FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の七草

明けましておめでとうございます。
お正月がきたなと思ったらあっという間に7日になってしまいました。

1月7日は人日(人日)の日で七草粥を食べて無病息災を願う行事があります。
これは祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。

春の七草は、
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロです。

セリはセリ科の多年草。 
民間療法では、健胃・食用増進・解熱・利尿・去痰などに用いられるようです。

ナズナとは、アブラナ科ナズナ属の越年草。
別名ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)。
民間療法では止血・消炎・鎮痛・利尿・解熱・下痢止などに用いられるようです。

ゴギョウとはハハコグサのことで、キク科ハハコグサ属の越年草。
民間療法では、せき止め・去痰・扁桃腺炎・利尿などに用いられるようです。

ハコベラとはナデシコ科ハコベ属の総称のこと。
単にハコベというときは、ハコベ属の1種であるコハコベのことを指す場合が多い。
民間療法では、せき止め・去痰・扁桃腺炎・利尿などに用いられるようです。

ホトケノザ(仏の座)とは、コオニタビラコ(小鬼田平子)のことで、キク科に属する越年草の一つ。
民間療法では、健胃・食欲増進・歯痛などに用いられるようです。

スズナ鈴菜、菘)はカブ(蕪)のことで、アブラナ科アブラナ属の越年草。
代表的な野菜(根菜類)の一つ。
民間療法では、消化促進・解毒・せき止め・そばかすなどに用いられるようです。

スズシロはダイコン(大根)のことで、
アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。
民間療法としては、消化促進・せき止め・去痰・利尿などにもちいられるようです。


八百屋さんやスーパーに行くと七草がパックに入って売っているので
毎年購入して七草粥を作って食べていました。
全部入れると青臭くて食べづらいので半分位入れて作る事が多かったのですが、
フリーズドライの七草だと臭みが少ないように感じ、
ここ数年はフリーズドライの七草にしています。
買い忘れる心配も無いので便利です。

何はともあれこの1年健康で過ごしたいですね
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。