FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロウイルス

ここ数年暖冬が続いていますが、今年の冬は寒さが厳しくなる予報が出ています。今回は冬に多い食中毒、ノロウイルスについてです。
以前ふぐ屋さんで食べた生牡蠣で食中毒になったことがありますが(勝手に牡蠣のせいだと決めつけています)、横になっても天井がグルグル回り、体の向きを変えるだけで吐いてしまい、二度とこんな大変な目にあいたくないと思いました。
辛い思いをしないようにノロイウルスについて知り、予防しましょう!

ノロウイルスとは
ノロウイルスは感染性胃腸炎をおこす小型球形ウイルスですが、感染性胃腸炎の原因のウイルスは他にロタウイルス、アデノウイルス、サポウイルスがあります。

感染経路
感染経路は糞便や吐物から手を介しての二次感染、糞便や吐物が乾燥して、細かな塵として舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを体内に取り込んだ場合、食品取扱者が扱った汚染した食品を食べた場合、汚染された二枚貝を十分に加熱しないで食べた場合などです。

症状
主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続いた後治癒します。

対処
脱水症状を起こさないように水分補給を心がけましょう。回復期には消化しやすい食事で栄養の補給を充分に行いましょう。

予防
手洗いは、調理を行う前、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後には必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。
カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。
便や吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐物や糞便は乾燥しないうちに床等に残らないよう速やかに処理し、処理した後はウイルスが屋外に出て行くよう空気の流れに注意しながら十分に喚気を行うことが感染防止に重要です。

登園・登校
登園・登校については、嘔吐・下痢がおさまるなど、患者さん本人の体調によって判断することが望ましいです。
症状が消失した後も、約1週間は便の中にウイルスが排出される可能性があるため、登校後も手洗いを励行することが大切です。

薬局でも手洗いを励行し、吐物の処理には十分注意を行なっています。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。