FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消毒消毒・・・。

寒くなってきて、風邪の方の来局が増えています
そろそろインフルエンザも流行る頃かな・・・と思っていますが、今年は少しだけ遅い気がしています。

そんな今、とても多いのが「下痢」「嘔吐」等の消化器症状の方。

経験したことがある方は口を揃えて「あれは辛かった」というこの症状。

店舗にもよりますが、内科・小児科も扱う店舗が多い私達ゆり薬局のお店では、この嘔吐や下痢に対する消毒対策をとっています。

最近行った週報会議でも患者様のこの傾向について話が出ており、薬局で広がることのないように、又私達職員も罹ることのないように、『消毒』に対する意識を高めています。


そこで私達が行っていることは・・・

① 患者様が薬局で具合が悪くなってしまったときの対策

 当たり前ではありますが、どうしても薬局で具合が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。
 その方のためのエチケット袋の用意や、掃除キットの用意と対応の周知。
 誰でもすぐ気づいて対応できるようにしています。

② お掃除での消毒

 嘔吐下痢やノロウイルスのバイキン(ウイルス)は、とても強い。
 ただの消毒では取り除けないため専用の消毒液を作り、お昼の掃除等に使っています。
 床・ドアノブ・・・色々です。

 普通の消毒液では退治できないので、家庭用ハイターを1000倍に薄めた消毒液を常時準備し、床・机の清掃に毎日使用しています。

 ちなみに、ノロウイルスは、通常のものより強いウイルスです。
 ハイターであれば50倍の濃度で薄めティッシュや拭くものに浸して、嘔吐したところや建物の入り口において消毒をするというところもあるそうです。
 もちろん、消毒に使用したものは、感染を防ぐためビニールに入れてから捨てるようにしています。


 私達薬局職員は、季節性疾患の傾向も毎年勉強会で知識をつけ・復習し、もし何かがあったときには出来るだけ早く患者様のケアや対応、その後の処理が出来るように心がけています。

 さて、今年もあと少しです。
 医療機関も年末年始お休みのところが多くありますので、体調に気をつけて、良い年を迎えられるようにしましょう。
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。