FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在庫管理

今回は先日の会議の議題にもなりました、

在庫管理 についてです。

国からの医療費削減の為のアクションとして
後発医薬品(以下GE)促進一般名処方が進められています。

同じ効果のお薬で
負担金額が安くなるメリットもありGEを希望される患者様も増えてきています

もちろんGEを希望されない患者様や
処方せんで変更不可、GEの存在しない医薬品の場合もありますので
先発医薬品とGE両方を在庫しておく必要があります。

これは経営面から考えてみると非常にリスクが高い事態となります。
単純に考えると在庫の中で
GEが存在する薬剤を500品目とすると2倍の1000品目を準備することになり、
在庫金額すなわち月々の支払いもその分増えることになります。

更に同じお薬にも普通錠、
口の中で溶けるタイプのOD錠など
剤型が複数あるものも増えて来ましたので
1つの薬剤について4種類在庫になる品目も出てきてしまいます。

今後は在庫の数量、金額ともバランスよくコントロールしていく必要があり、急務となっています。

対策については現在順次進めている状況です
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。