FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO PAIN,NO GAIN

あけましておめでとうございます
snowです
今年も毎年恒例化している年末年始のスノボ旅行からのスタートでした
今シーズンは、白馬、湯沢、丸沼、会津と順調に毎週行けていますが、今年はあとどのくらい行けるかなぁ?
とか考えつつ・・雪がある限り、しばらくの間週末スノーボーダーを楽しみたいです
そんなsnowの週明けのお悩み(冬限定)笑、筋肉痛について少しお話したいと思います。

まず、筋肉痛の原因とは・・・

疲労物質の蓄積
激しい運動をすると筋肉痛になってしまいます。それは疲労物質が溜まっていくからです。
その原因となっている疲労物質は乳酸です。
筋肉を動かすのにアデノシン三リン酸を使います。これは筋肉中にはあまり含まれていなく数秒でなくなってしまいます。
しかし運動を続けるには、この酸を作り続けなくてはなりません。
そうすると、肝臓にあるブドウ糖を分解して作っていきます。
この時に分解するために使った乳酸がたまってしまい、筋肉痛になります。
この筋肉痛の場合は乳酸がなくなれば筋肉痛が治ります。また乳酸をためないようにすることが大切になってきます。乳酸がたまったらゆっくり休めばとれます。また運動するのも無理をしないようにするのが大切になってきます。

筋肉痛はどうやったら治るのー??

筋肉痛の治し方
①筋肉痛になったらまず温めるのが大切です。運動をした後は筋肉が重たいと感じます。それが筋肉痛になる前兆です。筋肉が重たいなと思ったらまずは温めましょう。温めることによって血液の循環を促してくれます。
筋肉痛で痛みが出てきたら炎症している可能性があるので冷やしましょう。冷やすのは炎症に効果があります。冷やして痛みがなくなってきたら再び温めて回復を待ちましょう。
★温める★効果があるのはぬるま湯でゆっくりお風呂につかることです。他には軽く痛いと思わない程度に体を動かしましょう。温湿布やカイロは表面しか暖まらないことがあるので避けましょう。
★冷やす★水風呂や冷たいシャワーなどです。水風呂は効果があるのですが難しいなら氷をビニール袋に入れて水と塩をちょっといれて冷やしたりするといいでしょう。

②ストレッチ!!運動した後の筋肉は硬くなっています。これによって血液の流れが悪くなり、筋肉痛になります。なので、筋肉痛を治すのにストレッチをするのは効果があります。
ストレッチはあくまでも血液の流れをよくして筋肉痛を緩和するのが目的です。なので、無理をしないでゆっくり時間をかけてやって下さい。またやりすぎは余計に悪化するので注意して下さい。
ストレッチをやるのは痛みがでる前が望ましいです。運動が終わったらすぐやるのがいいでしょう。またストレッチは体をほぐす効果があるので運動をする前にやるのも効果的です。体が温まっていない状態で運動をすると筋肉が硬い状態なので怪我をしてしまうことがあります。

やっぱり、雪山と温泉はセットですよねー笑

もちろん、snowもスノボをenjoyしたあとは、温泉にゆーっくり浸かって
ストレッチしてなるべく次の日に響かないようにしていますが・・・
それでもまったく筋肉痛にならないのはたぶん不可能なので、最小限に抑えながらこれからも楽しんでいきたいなーと思います
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。